妊娠と育児の注意について

妊娠や出産は女性にとって人生を左右する大きな出来事といえるのではないでしょうか。誰もが最初は不安に感じることが多いはずです。初めてではなくても、マタニティブルーになったりと様々症状に悩まされます。ホルモンバランスが大きく変化し、自律神経も乱れるので精神的に参ってしまうというケースも多いです。その原因としては、誰もが経験するので自分も出来て当たり前と考えてしまうところにあるのではないでしょうか。それを改善するためには、出来て当たり前と考えないことです。誰もが最初から出来て当たり前ということは何一つありません。妊娠中にはストレスもたまりやすく、出産や育児への不安がかなり多いです。そうならないためにも、深く考え過ぎるのはやめましょう。周りも一丸となり妊婦はサポートすることは必要不可欠となってきます。

妊娠も育児も心の準備で楽しめる

妊娠中はつわりなど体調を崩すこともありますから仕事をしている方でも休むようにしてください。ストレスもお腹の赤ちゃんに影響しますから無理をしないことが大切です。ある程度安定期もすぎてくると運動も多少必要になりますから、適度なウォーキングや軽いストレッチもいいでしょう。しかし、お腹が張ったりしたら中止してください。また、育児が始まると休む暇もないくらい忙しくなりますから、妊娠中に出産後の買い物を済ませておくといいでしょう。産まれる季節も重要です。夏なら肌着を多めにそろえ、冬には暖かい素材の服も用意しておくと慌てて買い物に行くこともなく時間を有効に使えます。このように、妊娠、育児と1年はあっという間に過ぎてしまいます。育児ノイローゼなどで疲れてしまう前に自分なりのストレス解消法も何かしら考えておくことで少しでも赤ちゃんとの時間を素敵なものになるのではないでしょうか。

一人目育児中で二人目を妊娠するタイミングについて

一人目を出産して、二人目を作るタイミングを悩まれる方は沢山いらっしゃいます。年子で二人目が欲しい場合に考えなければならないことは、二人目を妊娠している時に一人目の育児が落ち着いていない場合があります。一人目がまだ0~1歳台なので、離乳食を用意しなければならなかったり、お腹が大きくなっても一人目を抱っこせざる負えない状況に陥りやすいことがあります。一人目と二歳差で二人目が欲しい場合は、妊娠中に一人目が魔の二歳児と呼ばれる、通称イヤイヤ期に突入していることがあります。イヤイヤ期の子供は、親の思う通りにいかないことが多く、駄々をこねたり反抗したりして妊婦の体には辛いこともあります。それ以上年の差が開けば、一人目がある程度自立しており、二人目に集中して育児を行えるようになります。ただし、差が開けば開くほど長い期間育児に専念しなければならなくなります。どの場合においても一長一短ですので、自分に合ったタイミングで二人目を妊娠出来るといいですね。