安心して学べる環境を作る小学受験

小学受験の面接

子どもが小さいうちに受験をさせる小学受験は、まだ幼児の年齢で受験勉強をやらせる点で賛否両論がありますが、合格すれば長期的に大きなメリットを獲得できます。親がわざわざ小学受験を選択する最大の理由は、我が子が安心して学べる環境を確保するためです。公立の小学校では、その地域の同年代の子どもが集められるので、様々な家庭が見られます。
そして、教える側の教師には、定期的に人事異動があって、尊敬できるだけの先生が担任になってくれるのかも運任せです。私立の小学校では、その学校の教育方針に沿ったカリキュラムと体制を確立しており、生徒も教師も一定以上の水準を維持しています。お金がある家庭ほど小学受験によって私立に通わせる傾向が強まっているため、アメリカなどの外国と同様に、私立と公立で住み分けが進みつつあるのが現状です。
まだ幼くて周囲からの影響を受けやすい子どもが正しく学べる学校を選ぶには、もはや小学受験も検討しなければいけない時代になってきたことを理解しておきましょう。小学受験については、専門の進学塾に通って受験対策をするのがセオリーですが、面接では親の態度も審査対象になるので、親も受験に備えて色々な勉強をするのが一般的です。

勉学を行う環境が大切

小学受験とはその名の通り小学校に上がるお子さんを試験のある私立小学校に受験をさせることを指します。小学受験を受けさせるなんてかわいそうだという意見ももちろんあります。ですがこのような私立小学校の受験を受けさせるにはそれ相応のメリットが存在します。
第一に、「進学が容易に行える」というメリットです。小学受験にさえ合格してしまえば、エスカレーター式で内部受験に合格するだけで中学校高校、対応していれば大学と入試勉強をしなくて済みます。
第二に、「勉学を行う環境が良い」というメリットが挙げられます。私立小学校では、公立小学校のような型にはめた授業は行わず、個々の才能を引き出すための授業を行います。算数に長けているのであれば算数周りを重点的に勉強し、国語が達者であれば少し進んだ課題を生徒に課題として出すといったような授業方針を行います。
第三に、「皆が勉強しているのでそれが当たり前だと思い込む」のメリットがあります。学校によって差はありますが、公立小学校だと、あまり勉強をしない偏った子がクラスで目立ってしまうような環境を形成しがちです。私立小学校ではあまりそのような偏ったご家庭はなく、皆が勉強しているのが当たり前の環境ですので、自然と勉強意識も上昇します。

TOPICS

安心して学べる環境を作る小学受験

小学受験の面接 子どもが小さいうちに受験をさせる小学受験は、まだ幼児の年齢で受験勉強をやらせる点で賛否両論…

READ...

小学受験に受かるための対策

小学受験のメリットについて 小さいお子さんをお持ちの家庭で、小学受験をお考えになっている親御さんもいるかと…

READ...

子どもの成長のためにしっかり選んでおきたい学校

小学受験での学校の選び方 「小学受験をしたい」と漠然と考えていても、実際に小学受験が必要な学校は非常に多く…

READ...

小学受験で忘れてはならないこと

小学受験は必要なのか? 小学受験のメリットとしては、エスカレーター式の一貫学校であれば、小学受験に受かれば…

READ...