子どもの成長のためにしっかり選んでおきたい学校

小学受験での学校の選び方

「小学受験をしたい」と漠然と考えていても、実際に小学受験が必要な学校は非常に多く、その中からお子さんにあった学校、小学受験をする学校を選ぶことは至難の業です。小学受験をするに当たってどのように学校を選んだら良いでしょうか。
まず、小学受験をしようと思っている学校の教育方針や特徴が、お子さんに合っているかという点を重視しましょう。親御さんが通わせたいと思う学校であっても、お子さんにはその学校が必ずしも合うとは限りません。そうした学校にはたとえ入学ができたとしても、その後の学校生活を十分に満喫して過ごすことができません。お子さんに合った学校であるか、しっかりと見極める必要があります。また、事前には必ず見学を行いましょう。実際の校風を知るには、見学を行うのが一番です。
そして、小学受験をする学校では共学の学校、男女別の学校が存在します。共学であるか、別学であるかによって、学校の雰囲気も全く異なりますし、力を入れるところも異なってきます。特に女子校の場合はしつけなどに厳しいなどということも。親御さんがどのような教育を望まれるかというのもありますが、お子さんがどのような環境でより成長をするのかなども考慮して小学受験をする学校を選びたいです。

小学校受験を行った子供はどうなるのか

結論から言えば、小学受験を行ったお子さんは優秀な大人になります。ここで重要なのはこの「優秀」は、なにをもって優秀というのかという点ですが、勉学に分野においてはとても優秀な社会人になります。知識があるのでその知識に適した仕事であるのであれば、現場では重宝される存在となるでしょう。ですが、このような小学受験を行うと、そのままエスカレータ式に進学を行うので、その都度行う入試試験をパスしてしまいます。
それにより入試試験の経験をあまり記憶にない小学校入試しか行っていないので、土壇場の緊張感や、進学に対する焦りを感じないまま成長してしまい、ストレスに弱い大人になってしまいます。ストレスに弱いと社会人として働く職場の環境に慣れず、上司からのミスで起こられてしまったときに、心打ちのめされてしまって鬱病ななってしまう可能性があります。
このように外的ストレスに弱いのは個人差があり、絶対に子供の責任にではありません。幼い事から勉強のレベルの高い学校での生活や、自由時間での勉強の比率の増加など、勉強中心の教育方針がこのような傾向の大人を作ってしまいます。ですので親御さんは子供の小学受験も大切ですが、外に出てさまざまな物を見て感じる素晴らしさも並行した教育を行ってください。

TOPICS

安心して学べる環境を作る小学受験

小学受験の面接 子どもが小さいうちに受験をさせる小学受験は、まだ幼児の年齢で受験勉強をやらせる点で賛否両論…

READ...

小学受験に受かるための対策

小学受験のメリットについて 小さいお子さんをお持ちの家庭で、小学受験をお考えになっている親御さんもいるかと…

READ...

子どもの成長のためにしっかり選んでおきたい学校

小学受験での学校の選び方 「小学受験をしたい」と漠然と考えていても、実際に小学受験が必要な学校は非常に多く…

READ...

小学受験で忘れてはならないこと

小学受験は必要なのか? 小学受験のメリットとしては、エスカレーター式の一貫学校であれば、小学受験に受かれば…

READ...